賢い犬ランキング

私たちは誰もが自分が飼っている犬が世界一賢い犬であると思っていますが、当然犬は犬種によって賢さに違いがあります。そこで、犬の知能ランキングを6位から10位まで見ていきましょう。

必ずしも賢い犬を飼うことがすべてではないので、自分の犬が10位以内に入っていなくてもあまり心配しないでください。予想通り、知能の高い犬は刺激を必要とします。刺激を与えないと退屈してしまい、仕事中に家に放置しておくと問題が発生します。

さて、10番目に賢い犬から紹介します。

10番目はオーストラリアンキャトルドッグです。オーストラリアンキャトルドッグは、その名の通り、もともとは家畜の放牧用に飼育されていました。10位になることは明らかに知的ではありますが、知的な犬に期待されるように、刺激を与える必要があります。定期的な運動や精神的な刺激が必要なので、働いているときが幸せです。

Australian Cattle Dog photo

9番目はロットワイラーです。一般に信じられていることとは逆に、ロットワイラーは実際には素晴らしい家庭犬であり、多くの人が思うほど恐ろしいわけではありません。知能の高い犬であり訓練によく反応します。

Rottweiler photo

第8位の犬はパピヨンです。オーストラリアンキャトルドッグのように、パピヨンは飼い主をよく守り、愛らしくて知的なペットになります。他の知能の高い犬と同じように、訓練も比較的簡単です。

第7位はラブラドールレトリバーです。ラブラドールレトリバーは、他の犬や人間の子供たちとうまく付き合うことができます。性質が良いため最も人気のある家庭犬の1つです。他の犬と同じように、ラブラドール犬も運動が必要で、特に運動しないと太りすぎる傾向があります。

第6位の犬はシェットランドシープドッグです。オーストラリアンキャトルドッグのように、シェトランドシープドッグも牛や羊の群れを集めるために飼育されてきたものです。これをうまくやるには、明らかに一定程度の知性を必要とし、それが6位になった理由です。他人や子供との付き合いはそれほど上手ではありませんが、家族の中では優秀なペットです。

Shetland sheepdog photo

そして上位5つの犬はどれでしょうか。

ここで知能が高い犬の順番に並べてみましょう。

まず第5位がドーベルマンです。

ドーベルマンは非常に気まぐれですので、できるだけ若いうちに訓練を受けておくことが重要です。訓練を受ければ、立派な家庭犬になることができ、子供たちとも仲良くなることができます。ドーベルマンは非常に知的で、主人や家族をしっかり守ってくれます。

第4位はゴールデンレトリバーです。

ゴールデンレトリバー最も人気のある犬種の一つです。ゴールデンレトリバーは子供たちとの相性がよく、とても忠実な犬です。知能が重視される犬の競技会で、ゴールデンレトリーバーが優勝するのは珍しくありません。

第3位は警察犬として重宝されているジャーマンシェパードで、捜査活動の仕事に活躍しています。
ジャーマンシェパードは良い飼い犬になり、子供が好きです。仕事を与えたり刺激して忙しくしておかないと、落ち込んで元気がなくなります。家族との関係をしっかりと築くには、若い頃から飼い主に接している必要があります。

2番目に賢い犬については、多分多くの人が驚くかもしれません。知能が高いだけでなく、訓練しやすい犬だからです。それはプードルです。

プードルは知能が高い犬の第2位に入っています。プードルは人間が好きなので独りぼっちになりたくないのです。とても家族や自分を守ろうとする意識が強く、誰かに家族や自分の領分を侵されると、かなりムキになる可能性があります。

Poodle photo

最も知的な犬はボーダーコリーです。

「ボーダーコリー」 も、よく犬の品評会や競技会でチャンピオンになることがあります。ボーダーコリーは非常に知的ですが、同時に定期的に刺激を与える必要があります。

ボーダーコリーが一番幸せなのは、仕事をしているときや、競技会や犬のトライアルに参加しているときです。ボーダーコリーを飼っている人は世界で最も賢い犬を飼っていることを自覚しています。もちろん訓練が行き届いていればですが。

Border Collie photo

コメント

タイトルとURLをコピーしました