猫に薬を飲ませる時の注意点



猫に薬を飲ませるのは悪夢のようなものです。喉に何かを押し込まれるのを喜ぶ猫はいませんし、それを防ぐために徹底的に戦います。ほとんどの猫は体が小さいのですが、その力の大きさには驚かされます。そんな猫に薬を飲ませる方法がありますので、以下に紹介します。

猫に薬を飲ませる最も簡単な方法は、2本のスプーンの間に薬をはさみ、力を入れて粉状に砕くことです。錠剤が粉になったら、それをウェットのキャットフードに混ぜます。ドライフードを食べ慣れている猫は、ウェットフードを見ておやつだと思います。薬を飲んだことに気づかず、普通に食べてしまうでしょう。

薬がカプセル状の場合は、カプセルをこじ開け、ウェットフードに振りかけて食べさせます。フードに薬が含まれていたり、ペットの体調が悪かったりすると、食べてくれない可能性があります。このような場合には、ペットピラーを利用するとよいでしょう。ペットピラーは獣医師から入手できます。プラスチック製の棒で、プランジャーを押すまで錠剤を保持します。ペットピラーは先端が柔らかく長いものを購入してください。

ガンを手に入れたら、獣医さんに使い方を教えてもらいましょう。ガンの使い方で一番難しいのは、猫に口を開けさせることです。ガンはほとんどの場合、猫の口の中や喉に薬を撃ち込みます。このとき、猫が口を開けるように、しっかりと抱きしめる必要があります。口を開けさせたら、引き金を引いて、素早くガンを引き離す必要があります。錠剤が挿入された後、猫におやつを与えてください。

ガンを使うことに抵抗がある場合は、手で薬を飲ませることもできます。この方法では、猫をじっとさせて、手で口を開けます。口を開けさせたら、喉の奥を狙って薬を投入します。錠剤が口に入ったら、手で口を閉じて、しばらくそのままにしておきます。そうすれば、まだ飲み込んでいない猫が薬を飲み込んでくれます。

上記の方法がうまくいかない場合は、薬局に行って、猫の薬を使って味付きのジェルや液体を作ってもらうこともできます。しかし、この方法は高額になる可能性があるので、最後の手段として使ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする