猫アレルギーとの付き合い方

猫は世界で最も愛されているペットのひとつであることは間違いありません。アメリカでは、全世帯の50%以上が犬や猫を飼っていると言われています。そんな愛すべき動物である猫ですが、一般的なアレルギーのひとつが猫アレルギーです。過去の統計では、アメリカだけで1,000万人以上の人が猫、特に毛皮に対してアレルギー反応を起こしていると言われています。

猫アレルギーの最大の原因は「ふけ」です。フケとは、猫の体から発生するホコリのことです。フケは基本的には猫から剥がれ落ちた皮膚で、通常は小さなフレーク状になっています。フケは皮膚を刺激しますが、免疫系にも入り込み、様々な症状を引き起こし、ほとんど直ぐにアレルギー反応を起こしてしまいます。

免疫系に入り込んだフケは脅威として認識されます。病気に分類されていなくても、どちらかというと体や免疫系による反射的な反応です。猫アレルギーは、猫が血液、尿、唾液などに広がるアレルゲンを持っているため、かなりの頻度で発生します。その時に猫がいなくても、排泄物があるのでしょう。

猫のふけ、尿、唾液は、猫を飼っている人の家中にあります。猫は常に毛づくろいをしており、その際に唾液を毛に擦り込んでいます。その際にフケやアレルゲンを撒き散らしてしまうのです。努力しても、どうしようもありません。猫は本能的に毛づくろいや入浴をするので、いくらお風呂に入れても毛づくろいを止めることはできません。

通常、猫に対してアレルギー反応を起こすと、喘ぎ、咳、くしゃみ、痒み、涙目、呼吸困難などの症状が出てきます。猫のアレルゲンに対する反応は人によって異なるため、症状が全く出ない場合もあります。発熱や寒気が起こることは非常に稀ですが、起こる可能性はあります。猫アレルギーを持つ人が発熱と寒気で倒れた場合は、すぐに医師に連絡してください。猫アレルギーではなく、他の病気の可能性もありますので、医師の診断が必要です。

猫アレルギーは通常、抗ヒスタミン剤と鼻水除去剤で治療します。喘息の発作や他の形態のアレルギーを持つ人は、通常、抗ヒスタミン薬を服用します。一方、充血除去剤は、通常、咳や鼻腔の腫れを治すために使用される。また、医師がアレルギー注射を勧めることもあります。アレルギー注射は、特に猫アレルギーの人の場合、発作を防ぐのに役立ちます。これらは治療と予防の良い形であり、個人に影響を与えるアレルギーのリスクを減少させるのにも役立ちます。

猫アレルギーの疑いがある場合は、必ず医師の診察を受けるようにしてください。医師は、あなたの状況をさらに診察し、治療のための最良の選択肢を提供してくれるでしょう。もし、本当に猫アレルギーがあるなら、その症状を止める一番の方法は、猫を飼うのをやめることです。

猫を処分するのは、とても大変なことです。猫の毛皮にアレルギーがある場合、発作を防ぐには、猫を追い出す以外に方法はないでしょう。お医者さんは薬や注射をしてくれますが、それだけでは意味がありません。特に、猫を飼ってから何年も経ってから発症した場合、猫がアレルゲンと聞けば落胆してしまいます。猫を飼うのはとてもいいことなので、猫アレルギーにはなくなってほしいものです。

タイトルとURLをコピーしました