施設から犬を引き取る

時には、綿密に計画していても、大きな足とボタンのようなかわいい目をした子犬や、魅力的な成犬に出会って、抵抗できないこともあります。これは動物レスキュー協会や動物保護施設から犬を引き取りたい人によく見られる自然な反応です。

どの犬を飼うかを決めるには、基本的な計画を立てるだけで十分です。たとえ以前の計画をほとんど忘れてしまっても、以下のヒントを覚えておくことで、どれでも家に持って帰りたいという気持ちを抑えることができます。

dog photo

自分の選択を口に出してみる

自分の選択について考えてみましょう。特定の犬を飼う準備ができているかどうかを自問してください。少しでも疑問があれば、決断を遅らせるべきです。一生の付き合いを一瞬で決めるのは決して賢い考えではありません。

決めた選択プランを思い出してそれに従う

動物保護センターに行く前に、あなたは犬の種類、大きさ、気質、毛の色についても考えてみました。持ち帰るペットを探すときに思い出してください。犬につられやすいと思ったら、妻や兄弟、友人に付き添ってもらってください。セカンドオピニオンを求めましょう。

一晩考えてみる

犬からしばらく離れてみると、飼う犬を決めるのにとても役立ちます。選択を評価し、決断するのに十分時間があるので、自分の決断について一晩考えても構いません。自分の選択肢をよく考えた上で決めてください。そうでなければ、検討する時間を長くしましょう。

犬を試してみる

あらかじめ計画を立てずに、直感だけで犬を連れて帰るとしましょう。一方、動物保護センターにいる犬たちは、動物的な本能を頼りに良い飼い主を求めています。その場合は、まず犬を試してみることをお勧めします。

まず、犬にあなたの匂いを嗅がせてください。犬の様子を見ながら、しばらく無視してください。理想の犬は飼い主にまとわりつかないものです。人なつっこく社交的だが、あまりにもあなたの気を引こうとしているなら面倒です。

もし犬が数分さまよって戻ってきたら、その犬は行儀の良い独立した犬であることの証拠です。飼い主にあまりねだりません。

犬と遊ぶのも悪くないでしょう。ストレスの多い環境にいる犬は、なでられるのが苦手です。通常は攻撃的、内気で、恐れやストレスを感じています。少し犬とあそんで、犬の性格を試してみましょう。反応が良ければ、犬があなたの周りにいてもストレスを感じないことを示す判断材料となります。

ただし、十分遊べなくてもがっかりしないでください。不安がらずに遊べただけで十分です。

タイトルとURLをコピーしました