犬にリードをつける

犬はリードが嫌いです。できれば拘束されずに思い通りにしたいのです。活発な種類の犬ならなおさらです。そのため、犬はできるだけ早くリードに慣れるように訓練する必要があります。以下は、犬がリードに慣れるためのヒントです。

最初にリードを付けるのが大変ですが、初めてリードをつける際は、子犬の機嫌がいいときにつけてみてください。いいのは子犬が食べている間にリードをつけることです。

できれば、最初にリードをつけるのは幸せな状況、少なくとも怯えていない状況でつけることです。

少なくとも最初の数回は、犬が罰と解釈するような方法でリードをつけてはいけません。

最初、子犬はジャンプしたり、引っ張ったり、噛んだり、吠えたり、リードされるといやがったりします。これには十分な理由があります。しかし、本能的に拘束されたくないということを別にすれば、最初にリードをつけられた体験が楽しくなかったに違いありません。

リードが子犬に重すぎないか、首輪がきつすぎないか確認してください。鎖につながれるのはどんな生き物にとっても、心地よいことではありません。一番いいのは、少なくともリードをできるだけ楽にすることです。犬を連れて庭を少し散歩させてみましょう。

子犬にリードをつけて、1人で歩くように促します。まだリードを持たないでください。

子犬があなたのところに来るように促し、来たら子犬におやつをあげましょう。この目的はリードをつけて歩くという考えに、子犬を慣れさせることです。犬がリードをつけて歩くのに慣れるまで、これを数日間続けます。

数日後には、子犬はすでに快適に見えるはずです。リードを持って、子犬に道を案内させてください。子犬のペースに合わせてください。まだリードを引っ張らないでください。この初期段階では、子犬にスペースを与えるのが一番です。

まだ自宅や庭の中にいることを忘れないでください。子犬は既にコントロールされています。子犬があなたが行ってほしくない場所へ行きたがる(たとえば花壇を掘りたがる)ので、リードを引っ張りたくなったら、代わりに子犬を抱っこして別の場所へ移動してください。

子犬が安心して拘束されているように感じたら、もっとしっかり行動を抑えることができます。良くない場所に向かったときは、軽くリードを引いてください。できるだけ脅かさないようそっと行ってください。

最終的に子犬は拘束されることを気にしなくなります。子犬が慣れたと思ったら子犬を連れ出してください。そうすれば本当に公園を歩くことができます。

タイトルとURLをコピーしました