犬の里親になる



犬を引き取るときは、実際の犬があなたの希望に合っているか確認してください。しかし、いくら準備をしても、引き受けた犬があなたにとって理想的な性格、気質を持ち、気に入った行動をとるとは限りません。それでも、ちょっとした準備をしておけば、自分や家族にとって間違った犬を飼う可能性を低くすることができます。次の基準を用いて、完璧な犬を見つけましょう。

犬の種類

犬の種類は希望する基準に合う犬を選ぶ上で重要です。もちろん、この犬種の気質や特徴は、犬が大きくなったときにどのようになるか、また犬がどのような個性を持っているかを示しているにすぎません。それでも、犬の種類によって何が一般的に期待できるかを知ることはできます。

犬の機能

犬を飼う人は、ペットにするためだけに里親になるわけではありません。犬の行動やしつけに合わせて利用したいという飼い主もいます。セラピー犬や盲導犬として作られている犬もあります。特定の目的のために犬を飼いたいと考えているのであれば、特別な訓練を受けた犬や、その機能に適した性格を持つ犬を選ぶことをおすすめします。

犬の出自

里親になれる犬を探すなら、たくさんの場所があります。保健所、動物愛護センター、動物レスキュー協会などがあります。これらの施設には保護している犬に関してそれぞれに引き取り条件があります。

これらの施設は、犬の命を救いたいときに利用します。ただし、必ずしも犬の飼育歴がすべて記録されているわけではないので、犬があなたと一緒に年を取るにつれて、何かのサプライズがあるかもしれません。また、予想外の特性を持つ雑種犬を受け入れることも多いです。サプライズがあまり好きでない人は、動物レスキュー協会で犬の種類を調べてみるといいでしょう。

動物レスキュー協会は一般に、犬を飼いたい人にとって最良の組織です。通常、犬の履歴や前の飼い主を記録しています。したがって、あなたが飼おうとしている犬がどこから来たのかを知りたいのであれば、動物レスキュー協会が飼いたい犬を探し始めるのに最適な場所です。

また、動物レスキュー協会は受け入れている犬種について非常に具体的です。犬は犬小屋ではなく実際の家で保護されている場合もあります。動物レスキュー協会では常時、里親(ライフパートナー)を募集しています。

あなたの家

犬を飼う上で、犬がどこに行くかも重要な要素です。犬の種類によっては、子どものいる家庭に適していないものもあれば、狭い場所で居心地が悪い犬種もあります。

家族に子どもがいる場合は、犬の大きさと行動を考慮する必要があります。小さい犬は、子供がいるときに虐待される可能性が高いです。なぜなら、子供はたいてい、自分の犬をおもちゃのように扱うからです。

他方、非常に大きな犬は、小さな子どもには絶対にダメです。子どもは、力があり筋肉隆々の大型犬でけがをすることがあります。

また、住んでいる地域の方針も確認しましょう。アパートに住んでいるのであれば、ペットの規制について確認してください。住んでいる地域のペット禁止条項のために、飼い始めた犬をまた保護施設に連れて行くようなことは避けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする