犬を訓練する



犬を愛する理由はたくさんあります。犬は飼い主に感謝し、忍耐強く、忠実で、飼い主を護ろうとします。このため、犬の飼い主の厳しいしつけでさえ受け入れます。

とても拒否できない

人間の食べ物が欲しくてテーブルに座っているときの犬の目を見ると、それを拒否するのはとても難しいです。でも、お客さんが来るとその魅力はすぐに失われてしまいます。

すさまじい勢いでしっぽを振っている犬に迎えられたり、家に帰ってきたときに興奮したり、飛びかかったり、ドアから飛び出してきて迎えられたりするのはとても気持ちがいいものです。周りに人がいるときに同じことをするのは恥ずかしいですけどね。

こんなとき、飼い主がやめさせようとしても、訓練されていない犬は吠え続け、なかなか吠えるのをやめようとしません。

愛する犬たちとの間に「フェンス」を作らないのも自然の本能ですが、犬が家から完全に逃げ出せるようにしておくと、コントロールを失い私たちを魅了した犬の特徴でさえ、失われてしまいます。

当然のことながら、きわめて実用的な理由から、犬には服従訓練が必要です。

お座り、付け、止まれ、待て、来い、といったちょっとしたコーチングは、犬とコミュニケーションを取り、理解させたいときに役立つマナーを教えてくれます。

飼い主が犬にしてほしいことに一貫性があり、きちんとしていれば、犬はもっと飼い主を尊重するでしょう。

犬の気質からできることとできないことを判断してください。実際、犬は上下関係を好みます。誰がボスかを知りたいのです。犬にとっては自然な傾向です。従順に訓練された犬は、仲間として楽しいだけではなく、限度が分かればそれを受け入れてより良い関係を作れるようになります。

人間が犬と付き合うのは何世紀も前からですが、犬はもともと野生の捕食者でした。ここまでに、このような本能が完全に消えたわけではありません。野生では犬は群れで暮らしていました。したがって、彼らが生き残るために常に群れの中で上下関係が確立されていたので、犬は本能的にルールに従います。

もしルールが与えられず、犬が望むように行動することが許されるなら、犬は自分がボスであり、人間の信念に反して、人間を人間としてではなく群れの一部か、リードすべき集団の一員として見るため、人間に対して支配的になろうと考え始めます。

忠実さ、社会性、護りの精神、慣れ親しんでいる人への優しさ、知らない人への厳しさ、そして時には縄張りを侵害されたと認識したときの怒りは、犬が人間に愛される本性といえますが、これらの特性は自然の本能であり、集団の中で育まれ、ひいては人間に対しても与えられます。

これらの性質を人間にとって都合の良いものとするために、犬の訓練が非常に重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする