コンパニオンドッグ



コンパニオンドッグとは人間の伴侶という意味であり、家族の一員として扱う犬のことです。

多くの愛犬家は、おそらくどんな犬でも良い伴侶だと言うでしょう。なるほど、愛嬌のある犬は良い伴侶犬ですね。しかし、厳密な意味では、人と仲良くなれる以外は特に取柄もない犬はコンパニオンドッグと言えます。ペットとしてか慰めになるコンパニオンドッグが欲しいなら小型犬に限られます。

dog photo

小さな犬を飼うこの伝統は、何千年も前に中国の貴族がパグやペキニーズを好んだことに由来しています。ヨーロッパでは、昔から王族や富裕層に人気があり、今でも贈り物に使われています。コンパニオン犬は一般に体形が小型なので、愛らしさに加えて飼い主の膝の上に座るのが好きなので、ラップドッグ(愛玩用小犬)とも呼ばれています。

たとえば、マルチーズ、テリア、スパニエルなどのコンパニオン犬は、19世紀に上品な紳士淑女のための良きコンパニオンとなる目的で飼育されましましました。しかし、子どもと犬は生まれつき仲が良かったので、コンパニオンドッグの人気が高まったのです。

20世紀になると、中・下層階級の人々は、子どもと仲良くさせるためにコンパニオンドッグを飼い始めましましました。実際、良い犬種かどうか判断するパラメータは、良い家族の一員としてのペットであることです。それは、犬が人間だけでなく他の小動物にも優しいかどうかという意味です。

コンパニオンドッグの平均寿命は16歳です。体重は品種によって1.8kgから7kgで、体の大きさにも関係しますが、どちらかというと病気にかかりやすいと言えます。コンパニオンとして犬を飼う前に、健康や病気など、犬種特有の健康問題について少し調べておくとよいでしょう。

コンパニオンドッグは一般に小型犬なので、元気があってやんちゃです。動きが速いので子どもの周りに置いておくには理想的ではありませんが、お年寄りにはいい仲間です。

コンパニオンドッグの欠点の一つは、体が小さいために大型の動物に弱いことです。

冬が非常に寒い地域に住んでいる場合は、ふわふわした犬種や長毛の犬種を検討してみてください。

これらの犬は飼い主がどこに行ってもついていきたがり、すばやく移動でき、飼い主と長時間一緒にいることに満足しているので、よい伴侶になります。小さなアパートに住んでいる人にとっては、とても良いペットで、維持費も安く、家の中を走り回るのが運動になるので、あまり活動的でない人にも向いています。

最も人気のあるコンパニオン犬は、チワワ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア、パグ、ダックスフンド、シーズー、プードルなどです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする