犬小屋を作る



犬を飼うと決めたら、次に必要な犬小屋を選びます。犬小屋は飼いたい犬種によって異なります。犬はとても成長が早いので、十分余裕を持って成長したときに犬小屋が狭くならないようにしなければなりません。

犬小屋のタイプ

創造を膨らませていろいろ考えてみましょう。犬小屋は人間の家と同様にさまざまなものがあります。例えば、小さなシングルルームのある白い家に、部屋を青くしてみるのもいいでしょう。

基本構造として、ボックス型、寄棟型、デッキ付き、山小屋風、ケージ風にもできます。たくさんの選択肢があります。

必要なのは、犬が快適に動けるように犬小屋が犬に狭すぎないことと、夏の間は屋根が暑くなりすぎないようにすることです。もう1つの非常に重要なアイテムはドアです。寒い季節がある地域では、開いた穴の代わりにドアを選ぶといいでしょう。

dog house photo

サイズを決める

犬小屋の大きさを決めるのは個人の選択です。犬小屋は好きなだけ大きく作れます。ただし、これより小さい犬小屋を作成することはできません。

高さ:良好な空気循環を確保し快適に過ごせる高さは、成長した同じ犬種の犬の体高に20cmを加えます。

長さ:犬小屋の最短の長さは、犬の鼻の先端から臀部までの長さに45cmを加えます。

幅:犬が動き回るのに十分なスペースが確保できる犬小屋の最も狭い幅は、犬の長さに30cmを加えます。

場所の選択

屋外で犬小屋を建てる場所として理想的なのは、水が流れない平地です。犬小屋を建てる場所をよく掃除してください。短い草も刈り取ります。組み立てる前に地面をしっかり固めます。天候が極端に変わりやすい地域では、犬小屋を断熱するか空調を入れる必要があります。屋外犬を飼う場合はこれが重要です。屋根の葺き方はいろいろありますが、木の屋根でも十分涼しいことも多々あります。フローリングには、ビニールや木材など、掃除がしやすいものがいいと思います。

健康面を考慮して、犬小屋は通常地面から15cm~20cmのところに建てます。また、虫などの小動物が入ってこないようにしたり、乾燥した状態を維持できるようにしてください。いよいよ製作を開始しましょう。

時間がないときなど、ドッグハウスキットを使うのもいいでしょう。近くのペットショップや通販で入手でき、非常に多くの種類があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする