暑い季節にペットを安全に飼う

ペット全般

暑い夏の月はペットにとって本当に脅威になる可能性があります。猫も犬も極端な温度には耐えられません。責任ある飼い主として、この暖かい季節にはペットの安全を確保する必要があります。ここでは、あなたとペットに役立つヒントをいくつか紹介します。

ペットを車の中に放置しない

たとえほんの数分間であっても、熱い車の中にペットを放置することの危険性をすべての飼い主が知っておくべきです。これは特に犬の飼い主に該当します。犬は車に乗るのが大好きなので、一緒に食料品店に連れて行ってあげたくなります。しかし、ペットの飼い主は暑い日には猫や犬を車内に放置してはいけません。窓が開いていても、炎天下に駐車した車はうだるような暑さになることがあります。

dog and car photo

熱い車の中に放置されたペットは、数分以内に死亡したり、ひどい脱水症状を起こしたりすることがあります。暑い時期は涼しいエアコンの中にペットを置いておくことです。また、犬の飼い主であれば、犬をトラックの荷台に乗せるのは、年間を通して犬にとって非常に危険であることも知っておくべきです。1回の衝撃で犬がトラックの荷台から飛び出すと、けがをしたり、死ぬことさえあります。公共の場所にあるトラックの荷台に、監視しないで犬を放置しておくだけでも、トラブルの原因になります。

旅行中はくれぐれもペットに注意してください。犬や猫と一緒に旅行する必要がある場合は、車の中でペットを保護し、常にエアコンをつけたままにしておきます。長時間の旅行なら頻繁に休憩をとって水を飲む機会を与えましょう。

犬の散歩に注意

暖かい月には気温が高くなる地域がたくさんあります。気温が過去最高に達する場所では、気温が低い朝か夕方に犬を散歩させるのが良いでしょう。夏の間、気温は真昼に最も高くなります。この間は犬の散歩は控えたほうがいいですよ。自分と犬は暑くて脱水状態になるだけでなく、熱いコンクリートで犬の敏感な足を火傷することがあります。暑い日に散歩するときは、犬のために水を持って行き、頻繁に立ち止まって犬に飲ませましょう。犬はあなたに感謝するでしょう。

適切なペットのグルーミングの練習

ペットのグルーミングを適切に行うことは良いことであり、夏の間は特に重要です。あなたの犬の毛が長すぎると、35℃の天気で毛皮のコートを着ているようなものです。ペットに不快感を与えます。また、プードルなど毛の多いペットにも注意してください。毛の長い犬は、高温になるとすぐにオーバーヒートします。ショートカットしたプードルなどの犬種は日焼けしやすいものです。日焼け止めで犬を保護することはできません。毛の長い犬の場合は、定期的にブラッシングすることで冬の下着を脱ぐことができ、暑い時期の体温調節にも役立ちます。

長い毛を定期的に刈ることも、犬を涼しく保つの効果的です。毛の長い猫でも、サマークリッピングの恩恵を受けることができます。毛の長い猫は、室内にいてもオーバーヒートしやすいんです。

虫に注意

夏の暑い時期には、虫がペットを悩ませることがあります。春と夏はノミやダニが多い時期で、この時期は蚊も多いのです。自分の犬と猫が毎月ノミとダニの予防を行っていることを確認してください。また、蚊に刺されるとフィラリアが発生する可能性があるため、犬はフィラリア予防のために最新の状態を保つ必要があります。また、ミツバチやスズメバチに刺された時のために、救急箱を用意しておきましょう。

屋外での安全性

夏は屋外で多くの時間を過ごすことが多い時期です。庭仕事をしていても、湖を訪れていても、プールで泳いでいても、ペットが外にいるときは特に注意が必要です。庭を刈ったり、芝生に化学薬品を塗ったりする場合は、ペットが危険から遠く離れた屋内にいることを確認してください。また、愛犬が水を楽しんでいる場合は、ペットから目を離さないようにしてください。ほとんどのペットは本能的に泳ぐことができますが、監視を怠らないようにしましょう。ボート遊びを楽しむなら、愛犬用の救命胴衣がありますよ。愛すべき毛深いペットのこととなると、どんなに用心してもしすぎることはないのです。

タイトルとURLをコピーしました