可愛いふわふわボールのハムスター



子どもの頃、ハムスターを飼っている友達が何人かいました。子どもたちは、この小さなふわふわした生き物をとてもかわいがっていたのです。

ハムスターには、ドワーフ、シリア、ロシア、中国、ハイブリッドなど様々な種類があります。ハムスターは巣穴を掘る動物なので、下に隠れるための寝床や、小さな巣を作るためのチューブがたくさんある状態を好みます。ハムスターの一番難しいところは、メスかオスかを見分けることと、見分けた結果が間違っていることです。同性だと思って二匹のハムスターを飼ってみたところ、それが増えて10匹になった話を聞いたことがありませんでしたか?

hamster photo

もちろんそんなこともありました。

多くの生物学者や遺伝学者が、ハムスターや他の齧歯類を使って遺伝子の可能性を研究しています。遺伝学では、ゲノムと、眼の色、毛の色、その他の形質に関連して遺伝子がどのように分布しているかについて議論することが多いのです。ハムスターをペットにしていると、このことをじかに体験します。

友人が金ハムスター1匹と白ハムスター1匹を飼っていました。ハムスターを繁殖させてみると、金、白、黒、白、黒からさらに多くの色の特徴を持つハムスターが生まれたのです。

子どもたちにとっての楽しみの一つは、ハムスターの赤ちゃんがさまざまな色に成長するのを見ることです。これは学校の理科プログラムでもあり、貴重なペットの飼育体験にもなります。

ハムスターは比較的飼いやすい動物です。ハムスターにはハムスター用の餌や野菜、おやつを与えて、楽しい生活を送らせることができます。寝床はハムスターの数によって週に1回か2回交換します。ハムスターの欠点は寿命が短いことです。ほとんどのハムスターは1年か2年しか生きられないので、幼い子どもたちにとっては悲しいことです。

チューブからホイールまでハムスター用のアクセサリーがたくさんあります。ハムスターは他のペットと同じように運動が必要なので、走るための車輪を与えたり、ゲージの中を走り回るためのハムスターボールを持っているといいですよ。チューブとケージにはさまざまな色があり、子供の楽しみが増えます。

大きな通り道を作ったり、それを曲げて同じケージに戻したりすることができます。ケージの大部分はプラスチックでできているので、ハムスターは噛んだり、音を立てたりしようとします。

ハムスターの扱いは最小限にとどめ、必ず前後に手を洗ってください。ハムスターは少なくとも1日に1回世話しなかったり、怖がったりすると、かみつく癖があります。小さな子どもは注意してください。

ハムスターはどの年齢の人にとってもとても楽しい動物です。適度な運動をさせながら、適量の餌を与えてください。決して与えすぎないようにしましょう。ハムスターの繁殖時には、母ハムスターと赤ちゃんハムスターを他のハムスターから引き離したほうがいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする