野良猫を飼い慣らすことができるか

野良猫は捨て猫とは違います。捨て猫は一般に人の無責任の産物です。猫を捨て自分で生活させることと、猫の去勢や去勢を怠ることは無責任と定義されます。捨て猫は臆病なこともありますが、飼いならすことが容易です。野良猫とは、野生の親から生まれたと考えられている野生の猫のことです。野良猫は人間との交流がなく、飼い馴らすのは非常に困難です。

野良猫は飼い慣らすのが難しく、室内で飼うことが望ましくないため、野良猫の群れを捕獲し、吐き出し、不妊去勢することに専念している救助組織が数多く存在します。多くの場合、これらの組織は猫を捕獲し、避妊去勢してもらい、最初に見つかった場所の近くに放します。そして、彼らはこれらのコロニーに食料を供給することに専念します。

cats photo

野良猫はどこにでもいます。野良猫は農村や農村、廃墟、公園や路地にもいます。ちらっとは見えますが、なかなかつかまりません。結局、人間の周りにはいなかったので、接触すると敬遠されてしまいます。近所に野良猫がいると、ペットとして飼えるかどうか疑問に思うかもしれません。

野良猫を飼い慣らすのは、人間に慣れていないからといって難しいです。ヒトとの相互作用のレベルによっては、半野生型、完全野生型、さらには野生化したネコに分類されることもあります。あなたの猫がどのように分類されているかによって、あなたがその猫と交流することに成功するかどうかが決まります。加えて、これらの猫を飼いならすには、多くの時間、愛情、忍耐が必要です。

何年も野性的だった猫を見つけたとしても、その猫と付き合うチャンスはほとんどありません。人間と全く接触していないため過度に独立しており、食べ物や交友関係を人間に依存することはないのです。半野生の猫の方が成功するかもしれません。これらの例では、彼らは限定的な人間との接触を持っていた。野生化した野良猫は、誰かのペットとして普通の生活を送るのに一番良いチャンスがあるでしょう。これらの猫はかつて飼い慣らされていたため、ペットとしての生活を始めてから捨てられたのでしょう。野生化した猫は、やがて愛情や愛情といった人間の相互作用に反応するようになるでしょう。

野良猫を飼い慣らそうとするなら、野良猫に手を差し伸べ、一人になった後で信頼してもらうのは大変なことだということを忘れないでください。時には、あなたの努力が何カ月も報われないこともあります。特に高齢の猫の場合。あなたの試みが成功すれば、強い絆が生まれ、忠誠心と愛が報われるので、その価値は十分にあります。

野生動物を飼いならすための時間と愛情があると思うなら、覚えておくべきことがいくつかあります。まず、これらの猫はあなたを侵入者として見ていて、つばを吐いたり、シーッと脅したり、噛みついたり、爪で引っ掻く可能性が非常に高いのです。これは正常な反応であり、捕食者であると認識されているあなたから身を守っています。少しでも噛み傷やひっかき傷を受けた場合は、すぐに応急処置をしてください。野生の猫を捕獲した後、まず最初にすべきことは、動物病院に連れて行き不妊手術や去勢手術を受けさせ、病気にかかっていないか調べることです。これは必要な手順であり、特に家の中で他のペットを飼っている場合は絶対に必要です。家に猫を連れて帰ったら、小さくて安全な場所を用意して、自分や周囲に慣れさせる必要があります。猫が圧倒されないように、小さな浴室か洗濯室に滞在させてください。毎日時間を割いて猫と過ごす時間を持つ必要があります。

全部の野良猫が社会に馴染めることができるわけではないことを覚えておいてください。愛情と忍耐力があれば、あなたの時間と努力が報われる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました