乾燥食品と缶詰食品



canned dog foods photo

これらの食品素材は、犬の嗜好によって異なります。犬は美味しい場合に限りドライフードを好みますが一般に缶詰は大好きです。
イヌがこのような嗜好を示す理由は、缶詰食品では水分が70~80%程度であるのに対し、ドライフードは10%程度であるためです。
しかし、栄養素の観点から見ると、ドライフードには90%近くの栄養素が含まれていることが多いのに対し、缶詰食品に含まれる栄養素はほとんどの場合それよりも少なくなります。構造が肉に似ているのは大豆製品だけです。

そのため、体の栄養バランスを整えるには、ドライフードよりも缶詰を多く食べなければなりません。したがって、この機能に関連する原価ファクタを比較するだけです。ドライフードは大豆や米をベースにしたものが多いです。

現在では、いくつかの乾燥食品はトウモロコシをベースにしています。缶詰には犬の健康維持に適したミネラルやビタミンのサプリメントと一緒に、牛肉や鶏肉を使った食品が入ってくることもあります。体重が13kgを超える大型犬には、ほとんどの場合、セミモイストフードやドライフードを与えなければなりません。

胃の食物受容体を満たすためです。これは大型犬がこれらの基準を満たすためには、水分の多い餌や缶詰をたくさん食べる必要があるためです。しかし、これらの大型犬では実際には不可能かもしれません。

小型犬であれば、水分の多い餌でも十分な栄養が摂れるかもしれません。ただし、乾燥食品のカロリー密度を忘れてはなりません。
一般に濃縮タイプのドライフードが、無添加タイプよりも喜ばれる傾向があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする