犬には年齢に応じて異なる食事が必要



犬は年齢によって異なる食事を必要とします。これは本当です。例えば、子犬は主な食べ物としてミルクが必要ですが、成犬はゆで卵とミルクに加えて牛肉か鶏肉が必要です。そのため、他の動物と同じように、年齢によって実際の食事の内容が異なります。

dog eating photo

子犬は成犬よりも多くのタンパク質、脂肪、炭水化物を必要とします。また、子犬は成犬と違って、一日に何度も餌をやる必要があります。子犬は成犬よりも活発に動くことが多いので、運動に基づく食事の必要量は子犬の方が多くなります。

高齢犬はタンパク質を制限する必要がありますが、さらにタンパク質は消化しやすく体内で容易に吸収できるものでなければなりません。食事の際には十分な水も与えてください。高齢犬にタンパク質を与えすぎると、腎臓に過剰な負荷がかかり、最終的に腎臓内部のろ過組織が傷つく場合があります。

特にイヌの免疫系が多くの要因で損なわれているときにそうなります。また、高齢犬は動きが少なく、わずかなエネルギーしか使わないので餌をあまり多く必要ありません。

妊娠期の雌犬には、不快感に感じる場合があるので、満腹になるまで餌を与える必要はありません。しかし、妊娠している授乳動物は、ビタミンやミネラルを適切に補給するとともに、バランスのとれた栄養を供給する特別な食品が必要です。

哺乳動物である仔犬には十分な量のカルシウムを与える必要があります。そうすれば、カルシウム欠乏症にならず、仔犬の骨は湾曲することなく強くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする