餌の成分について



愛犬家や飼い主は必ず犬の餌の成分を把握しておいてください。犬にいろんな種類の市販の餌を与えるときは、必ずラベルを読んで、使われている餌の成分を理解してください。犬の餌を購入するときは、材料を調べて、どの餌を探せばいいか知っておいてください。

dog foods photo

飼には乾燥食と生鮮食があります。一般的に家庭で作られる新鮮なドッグフードの材料は、クランベリージュース、ラン藻類、新しく切った鶏肉などです。

いつも使わない種類の保存料で、突然食物アレルギーの兆候が現れたら、与えた餌の中に不適当な成分が含まれているのではないかと疑ってください。同様に水分状態も把握してください。食べ物に水分が多いと、犬もそれを好む傾向があります。

犬などのペット動物に提供されるベジタリアン用の餌の場合は、ビートパルプ、パスタ、大豆油、小麦ミドル、炭酸カルシウム、酸化マグネシウム、硫酸銅、硫酸鉄、酸化亜鉛、塩化コリンなどの成分が含まれていることがよくあります。

また、非ベジタリアン用の材料で調理される餌の場合は、生卵、鶏肉、牛肉、羊肉、魚、ウズラなどを使うことがよくあります。タウリンは犬の栄養に欠かせない成分の一つです。冷凍の魚を餌にしている場合は、チアミンというビタミンを成分として補う必要があります。

高級ドッグフードには、必須脂肪酸、十分な食物繊維を含む炭水化物、A、D、E、B複合ビタミンなどのビタミンが含まれている場合がよくあります。また、亜鉛などのミネラルは肌に欠かせない成分です。健康状態や骨の成長、筋肉の緊張性に欠かせないのがカルシウムですので、これらの食品を混ぜてください。

これらの食品は一般的な成分を含む食品よりも比較的高額ですが、犬の健康にはいいはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする